ライブ後の耳鳴りは音響性外傷が原因?

ライブは歌や音楽を楽しむためのイベントです。
憧れの歌手の歌声や楽器の大音響に合わせて騒げばストレスも発散されるというものでしょう。

しかしその快楽とは引き換えに、耳の器官は少なからずダメージを受けています。
ではそのダメージにより引き起こされる障害、音響性外傷と耳鳴りの関係に迫ってみましょう。

蝸牛を傷付ける音響性外傷とは

音響性外傷とは、蝸牛(音を受容する聴覚器官のこと)が強大な音によって損傷を受け、耳鳴りや眩暈などが生じる障害のことです。

もしライブへ行った後にキーンといった耳鳴りが片耳に発生した場合は、この音響性外傷にかかった可能性があります。

なお爆発音など突然発生した大音響で起こったものに関しては、急性音響外傷と呼びます。

音響性外傷を放置してはいけません

特に治療をしなくとも1〜2日で自然に治ることがある音響性外傷ですが、それはあくまでも蝸牛へのダメージが軽度であった場合です。

もし蝸牛の損傷が激しいにも関わらず何の処置もとらなかったら、半永久的な耳鳴りや難聴などの後遺症が残ってしまう恐れがあるので、決して放置してはいけません。

騒音は耳の敵です

音響性外傷は、大きな音が常に鳴っているような環境に長く居ると罹りやすくなる障害です。
ロックコンサートなどのライブ会場や工事現場などが代表的な例でしょう。

もしくは長時間にわたって耳を大きな音にさらすような行為も危険です。

例えばヘッドフォンやイヤホンなどを耳に装着し、大音量で音楽を聞き続けた場合などです。

耳の弱い人は要注意!

あなたはライブに行った時、大音響の中で平然としていられる方でしょうか。
それとも思わず耳を塞いでしまう方でしょうか。

もし後者のタイプだったら、生まれつき耳が弱く音響性外傷に罹りやすいと言えます。

せっかく来たのだからとつい我慢してしまう人が多いかもしれませんが、何の対処もせずに会場に居続けるのは大変危険なことなのです。

大きな音から耳を守ろう

音響性外傷を予防するには、なるべく騒音の元に近付かないことが一番です。

どうしても大きな音が鳴っている場所に行きたい時や行かなくてはならない時は、耳栓をして耳を守るようにしましょう。

またイヤホンなどを利用して音楽を聴く時は、ボリュームを低めに設定することも大切です。

音響性外傷に罹ってしまったら

もし音響性外傷に罹ってしまったら、一刻も早く耳鼻科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。
後遺症を残さないためにも7日以内に行って診察や治療を受けるのが望ましいと言われています。

なお治療薬としては主に、抗炎症作用のあるステロイド薬や血液の巡りを良くする循環改善薬などが使われています。

  • 【耳鳴りが起こりやすい人のタイプ】 | ミミナリDoctor
  • 【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

  • 【耳鳴りの基礎知識】耳の仕組みや耳鳴りの種類
  • 【耳鳴りの治し方について】漢方薬?西洋薬?病院?自分に合う治し方とは
  • 【耳鳴りを引き起こす病気】脳や顎関節とも関係している?
  • 【耳鳴りを伴う病気や耳鳴りがもたらす病気】難聴やメニエール病などの併発する病気について
  • 【耳鳴りのコラム】ライブやコンサートで耳鳴りが起こる理由など、耳鳴りの豆知識