難聴

耳鳴りを伴うのは感音性難聴です

難聴は通常、原因となる場所の違いによって伝音性難聴・感音性難聴・混合難聴の3つに大別されます。

そしてその中で耳鳴りを伴うものと言えば、内耳や内耳より奥にある神経の異常によって起こる感音性難聴です。

なお感音性難聴には、突発性難聴や老人性難聴や薬剤性難聴などがあります。

突然起きるのが突発性難聴です

突発性難聴とは、何の前触れもなく突然耳(大半は片耳)が聞こえ難くなる病気のことです。

かつてこの難聴は40代〜50代の女性に多い傾向がありましたが、今では性別や年齢に関係なく誰にでもおこり得る病気となっています。

突発性難聴の症状

突発性難聴は文字通り突発的に起こる難聴です。
朝起きたら片耳が聞こえなくなっていた、耳に何かが詰まって音が聞こえ難いと思ったら難聴だった、などがよくあるケースです。

また突発性難聴には、軽度から重度の難聴と合わせて耳鳴りを伴うことがあります。

突発性難聴の原因

突発性難聴は明確な原因が判明していない難病です。

但し現在では、毛細血管の血流が悪くなり内耳機能の低下が起こる内耳循環障害説や、感染症の炎症に作用するステロイド剤が有力なことからウィルス説などが原因として考えられています。

加齢が原因の老人性難聴について

老人性難聴とは、加齢により耳が遠くなったり聞こえなくなったりする難聴のことです。

聴力は50歳頃から徐々に衰えていくのが一般的ですが、80代という高齢で耳が良く聞こえる人も存在するため、症状の進み具合は人それぞれと言えます。

老人性難聴の症状

老人性難聴には、高い音が聞こえ難くなるという特徴があります。

そのため男性よりも声の高い女性の言葉の聞き取りが困難になったり、“キーン”という高音の耳鳴りが発生したりすることがあります。

老人性難聴の原因

老人性難聴は、蝸牛の変性(老化)が原因と言われています。
加齢によって聴覚を司る蝸牛が老化すると、脳に音を伝える働きをもった感覚器官にも何らかの障害が生じます。

すると音の聞こえが悪くなり、老人性難聴や老人性難聴に伴う耳鳴りが発症するのです。

薬の副作用で起こる薬剤性難聴とは

薬剤性難聴とは、病気の治療薬の副作用が原因で起こる難聴のことです。

薬剤性難聴の症状

薬剤性難聴は、病気の治療のためにある特定の薬を服用すると起こります。

薬剤性難聴にかかると、聴力の低下をはじめ眩暈や耳鳴りなどの症状も発生します。

原因となる薬

薬剤性難聴は、内耳(蝸牛などの感覚器官)部分に悪影響を及ぼす薬剤を服用することによって起こります。

内耳毒性のある代表的な薬には、ストレプトマイシンやカナマイシンなどの抗生物質やシスプラチンなどの抗癌剤があります。

  • 【耳鳴りが起こりやすい人のタイプ】 | ミミナリDoctor
  • 【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

  • 【耳鳴りの基礎知識】耳の仕組みや耳鳴りの種類
  • 【耳鳴りの治し方について】漢方薬?西洋薬?病院?自分に合う治し方とは
  • 【耳鳴りを引き起こす病気】脳や顎関節とも関係している?
  • 【耳鳴りを伴う病気や耳鳴りがもたらす病気】難聴やメニエール病などの併発する病気について
  • 【耳鳴りのコラム】ライブやコンサートで耳鳴りが起こる理由など、耳鳴りの豆知識