糖尿病

耳鳴りは糖尿病のサインです

糖尿病は尿と一緒に糖が流れ出てしまう病気であり、その症状が名前の由来となっています。

尿に糖が混じること自体には何の問題もありませんが、糖尿病によって引き起こされる合併症の悪化はすぐに食い止めなければ一大事です。

早期発見と治療のためにも、耳鳴りなどのサインを見逃さないで下さい。

インスリンの不足が原因です

糖尿病は、ホルモンの一種インスリンが大きく関係している病です。

インスリンとは、血糖値を調節したりエネルギーの源であるブドウ糖を筋肉や臓器などの細胞に届けたりするホルモンのことです。

インスリンは膵臓にあるβ細胞から分泌される仕組みになっているのですが、何らかの原因でインスリンの分泌量が不足するとブドウ糖が細胞に運ばれなくなってしまいます。

すると血液の中は余ったブドウ糖で溢れてしまうので、血糖値が上昇して糖尿病が引き起こされてしまうのです。

糖尿病の種類は3つ

糖尿病は、1型糖尿病と2型糖尿病と妊娠糖尿病の3つに分類されます。

1型糖尿病

膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞が破壊されてしまい、インスリンが分泌されなくなってしまうことで発症する糖尿病のことです。

2型糖尿病

肥満や運動不足などのさまざまな要因が絡み合ってインスリンの分泌が悪くなるために発症する糖尿病です。
糖尿病患者の90%がこの2型糖尿病であると言われています。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、妊娠を機に糖尿病が発症したり血糖値が異常に高くなったりする症状のことを指します。
妊娠糖尿病もやはり、インスリンの分泌量の減少が関係しています。

糖尿病の代表的な症状

糖尿病にかかると、尿に糖が混じる・激しい喉の渇き・排尿回数の増加・体重の減少といった代表的な症状のほか、血行不良が原因で耳鳴りが表れることがあります。

恐ろしい三大合併症について

1.糖尿病網膜症

血糖値の上昇により血流が悪くなり、網膜細胞に酸素や栄養分が届かなくなって視力の低下や視力の喪失が起こる合併症です。

2.糖尿病腎症

高血糖が原因で腎機能が低下し、高血圧やむくみなどが起こる合併症です。
悪化すると尿毒症にかかって透析治療が必要になる可能性があります。

3.糖尿病神経障害

高血糖の状態が長く続くことにより末梢神経の働きが低下して、手足の痺れや顔面神経麻痺などの症状が起こる合併症です。

薬と食事と運動で治す!

糖尿病の治療には、薬物療法と食事療法と運動療法の3つがあります。

1型糖尿病の場合にはインスリン注射などの薬物療法を行い、それ以外の型であれば食事療法や運動療法を行いますが、効果がみられない時には1以外の型でも薬物療法を行います。

ただしいずれの治療も必ず医師とよく相談して行うのが鉄則です。

  • 【耳鳴りが起こりやすい人のタイプ】 | ミミナリDoctor
  • 【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

  • 【耳鳴りの基礎知識】耳の仕組みや耳鳴りの種類
  • 【耳鳴りの治し方について】漢方薬?西洋薬?病院?自分に合う治し方とは
  • 【耳鳴りを引き起こす病気】脳や顎関節とも関係している?
  • 【耳鳴りを伴う病気や耳鳴りがもたらす病気】難聴やメニエール病などの併発する病気について
  • 【耳鳴りのコラム】ライブやコンサートで耳鳴りが起こる理由など、耳鳴りの豆知識