病気,内耳

内耳炎は内耳器官を侵す病気です

内耳は聴覚や平衡感を司っている重要な感覚器です。
もしも内耳が何かの病に侵されてしまったら、音が正常に聞こえなくなるばかりか普通に歩くことすら困難になってしまいます。

では内耳器官の機能に影響を及ぼす内耳炎とは、一体どんな病気なのでしょうか。

内耳の持つ機能とは

内耳(ないじ)とは、蝸牛・前庭・三半規管という耳の最も奥にある器官の総称です。

なおカタツムリのような外観を持つ蝸牛は聴覚を、3つの細い管から構成されている三半規管は平衡感覚を、蝸牛と三半規管の中央にある前庭は重力や直線加速度を司っています。

内耳が腫れる内耳炎とは

内耳炎とは、主に中耳炎の炎症が内耳にまで波及することで起こる疾患のことです。

内耳炎の原因となる中耳炎は感染経路などによって多種に分類されており、その中で耳鳴りを引き起こすものには、急性と慢性の化膿性中耳炎や真珠種性中耳炎があります。

急性化膿性中耳炎について

急性化膿性中耳炎(きゅうせいかのうせいちゅじえん)とは、中耳に細菌が侵入して炎症が起こる病気のことであり、風邪などによる鼻や喉の炎症が耳管を通して中耳にまで波及することによって起こります。

なおこの病の炎症が進むと、溜まった膿が鼓膜を破るため、耳の痛み・耳だれ・耳鳴り・難聴といった症状が発生します。

急性化膿性中耳炎の治療

急性中耳炎の治療には、病原体を殺すための抗生剤を初め、内耳の機能低下を回復させるためのビタミン剤やステロイド薬などが用いられます。

慢性化膿性中耳炎について

慢性化膿性中耳炎(まんせいかのうせいちゅうじえん)とは、急性化膿性中耳炎の悪化によって穴が開いてしまった鼓膜が元に戻らなくなり、そこから細菌が侵入して炎症を起こす病気のことです。

この病の症状には耳だれ・難聴・耳鳴りなどがありますが、鼓膜の穴が小さい場合には難聴が、鼓膜の穴が大きい場合には耳鳴りが起こります。

慢性化膿性中耳炎の治療

慢性化膿性中耳炎では、外耳道や中耳腔を綺麗に洗浄する耳洗(じぜん)や、抗生剤を外耳道に入れてしばらく安静にする耳浴(じよく)といった治療を行うのが一般的です。

真珠腫性中耳炎について

真珠種性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)とは、耳の内側に凹んだ鼓膜に垢が溜まって真珠のような塊になり、中耳に炎症を起こす病気のことです。
明確な原因は不明ですが、この垢には成長してどんどん奥へ進むという特徴があります。

なお大きくなった垢が中耳にまで達すると難聴を、内耳にまで達すると耳鳴りを、顔面神経にまで及ぶと顔面麻痺を、頭蓋内にまで入り込むと髄膜炎を起こします。

真珠腫性中耳炎の治療

真珠腫性中耳炎に罹ってしまったら、手術によって真珠種を摘出しなければなりません。

また、中耳器官である耳小骨が破壊されていたら鼓室形成術を行うのが一般的です。

  • 【耳鳴りが起こりやすい人のタイプ】 | ミミナリDoctor
  • 【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

  • 【耳鳴りの基礎知識】耳の仕組みや耳鳴りの種類
  • 【耳鳴りの治し方について】漢方薬?西洋薬?病院?自分に合う治し方とは
  • 【耳鳴りを引き起こす病気】脳や顎関節とも関係している?
  • 【耳鳴りを伴う病気や耳鳴りがもたらす病気】難聴やメニエール病などの併発する病気について
  • 【耳鳴りのコラム】ライブやコンサートで耳鳴りが起こる理由など、耳鳴りの豆知識