診療科,検査

診療科や検査内容を知っておこう

いざ耳鳴りが起こったら、一体どの診療科へ行けば良いのか迷ってしまうものです。
また、病院では具体的にどんな検査を行うのかも気になる所です。

様々な疑問や不安から改善への道が遠のいてしまう前に、病院の選び方や検査内容について知っておきましょう。

耳鳴りの診療科や検査内容について

耳鳴りの原因を突き止めるためには、耳鼻咽喉科・心療内科・脳神経外科のいずれかを受診するとよいでしょう。

耳鳴りの原因には主に、耳の器官の異常・心の問題からくる自律神経の乱れ・脳神経や脳の血管の障害の3つが考えられるからです。

なおこれらの科の検査で異常が見つからなかった場合には、病院ではありませんが整体院や鍼灸院での施術を受けてみるのも一つの方法です。

耳鼻咽喉科での検査内容

耳鼻咽喉科では、“チンパノメトリー”と呼ばれる機械で鼓膜の状態を調べたり、“オージオメータ”という機械で聴力を測定したりする検査が行われます。

なお耳鼻咽喉科での検査で原因が判明しなかった場合は、心療内科や脳神経外科を勧められることがあります。

心療内科(精神科)での検査内容

心療内科や精神科では、カウンセリングで現在の心理状態や生活習慣などを調べて、うつ病などの精神疾患に罹っていないか・極度のストレスに晒されていないかなどを調べます。

なお場合によっては、精神安定剤や睡眠薬などを処方されることがあります。

脳神経外科での検査内容

急な耳鳴りや聴力の低下が伴う耳鳴りであった場合には、脳や脳神経の疾患の疑いがありますので脳神経外科を受診してみましょう。

脳神経外科では、CTやMRIやMRAなどの機械を使って、脳や血管の画像を描出するといった検査が行われます。

整体院へ行ってみよう

耳鳴りは、体の骨や筋肉の緊張や歪みが関係している場合もあります。

耳鳴りに加えて肩コリや頭痛といった症状がある場合には、整体院(カイロプラクティック)で指圧やマッサージ、骨格の調整などの施術を受けてみましょう。

鍼灸院へ行ってみよう

耳鳴りには自律神経の乱れや血行不良なども関係しているため、鍼灸治療(お灸や針治療)が有効な時もあります。

効果の表れ方に個人差はあるものの、何度か通っているうちにいつの間にか耳鳴りが治っていたというケースも少なくありません。

病院やお医者さん選びのポイント

病院やお医者さんを選ぶ時は、何よりも自分に合っているかどうかが大切です。
特に医師と患者には必ず相性というものがあるので、信頼できないと感じた場合には思い切って病院を変える勇気も必要です。

一般的には「説明が判りやすい」「真剣に話を聞いてくれる」などが良いお医者さんか否かを見極める目安になると言えます。

  • 【耳鳴りが起こりやすい人のタイプ】 | ミミナリDoctor
  • 【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

  • 【耳鳴りの基礎知識】耳の仕組みや耳鳴りの種類
  • 【耳鳴りの治し方について】漢方薬?西洋薬?病院?自分に合う治し方とは
  • 【耳鳴りを引き起こす病気】脳や顎関節とも関係している?
  • 【耳鳴りを伴う病気や耳鳴りがもたらす病気】難聴やメニエール病などの併発する病気について
  • 【耳鳴りのコラム】ライブやコンサートで耳鳴りが起こる理由など、耳鳴りの豆知識