治療

自分に合った治療方法を探そう

耳鳴りの治療には主に、投薬を行う薬物療法・精神的なアプローチを試みる心理療法・特殊な音を聞かせる音響療法の3つがあります。

どれが効果的かは人によって全く違いますので、自分に合った治療方法を探してみてください。

効き目が明らかな薬物療法とは

耳鳴りの治療のなかで最も効き目が明らかなものが薬物療法です。

その名の通り投薬による治療であり、その方法には内服・注射・点滴などがあります。

内服薬について

耳鳴りの内服薬には、中枢神経の働きを回復させるための代謝改善剤、内耳の循環を改善するための循環改善剤、末梢神経の障害を改善するためのビタミン剤、顎筋肉の緊張を和らげるための筋弛緩剤などのほか、抑うつによる耳鳴りが疑われる場合には抗うつ剤や精神安定剤、耳鳴りによる不眠を解消するための睡眠薬などがあります。

注射について

耳鳴りの治療には、ATP製剤やビタミン剤などの薬液を注射するという方法もあります。

または、鼓室内注入という、炎症を抑えるステロイドなどの薬液を鼓膜に注射して、耳小骨が収容されている鼓室に浸透させるという特殊な注射もあります。

リドカイン療法について

リドカイン療法とは、リドカインと呼ばれる麻酔薬を用いて耳鳴りを抑える治療方法のことです。

リドカインの投与方法には静脈注射と点滴の2つがあり、静脈注射には即効性があって効果の消失が早いという特徴が、点滴には投与に時間が掛かるが効果が持続するという特徴があります。

心理療法の一種、バイオフィードバック法とは

バイオフィードバック法とは心理療法の一種であり、耳鳴りの原因の一つである自律神経の乱れを自己調整できるように訓練する療法のことです。

これは医療機器を通じて脳波や心拍数値などの生理反応を具体的に知り、どのような状況で緊張やストレスを感じるのかを自覚して、崩れた自律神経のバランスを自分で戻すように仕向けるというものです。

音には音で対抗!マスカー療法

マスカー療法とは、補聴器のような形をしたマスカーという機械を耳に装着し、雑音を聞かせて耳鳴りの音を抑えるという音響療法の一種です。

マスカーは、あらかじめ調べておいた耳鳴り音の大きさや高さを打ち消す程度の雑音が出るように調節して使用します。

音とカウンセリングのTRT療法とは

TRT療法とは、患者の精神的な苦痛度を調べたり、耳鳴りに近い音を聞かせたりして耳鳴りを意識させなくする療法のことです。

この療法は、耳鳴りは危険な音ではなく無視しても問題がないと脳に認識をさせるカウンセリングと、TCIという補聴器に似た機械を用いて行われます。
つまりTRT療法は、音響療法と心理療法を合体させた療法なのです。

  • 【耳鳴りが起こりやすい人のタイプ】 | ミミナリDoctor
  • 【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

  • 【耳鳴りの基礎知識】耳の仕組みや耳鳴りの種類
  • 【耳鳴りの治し方について】漢方薬?西洋薬?病院?自分に合う治し方とは
  • 【耳鳴りを引き起こす病気】脳や顎関節とも関係している?
  • 【耳鳴りを伴う病気や耳鳴りがもたらす病気】難聴やメニエール病などの併発する病気について
  • 【耳鳴りのコラム】ライブやコンサートで耳鳴りが起こる理由など、耳鳴りの豆知識