高音,低音,耳鳴り

耳鳴りの音で病気予想

耳鳴りの音色によく耳を澄ませてみて下さい。
あなたの耳鳴り音は、キーンという金属が鳴るような音でしょうか、それともセミの鳴き声のようなジーッという音やブーンというモーターのような音でしょうか。

どれも耳鳴りである事には変わりないだろう、と思うかもしれませんが、実は耳鳴りの音色で隠れている病気を予想することができるのです。

高音の耳鳴りの特徴

“キーン”という金属のような音は、耳鳴りの代表的な音色です。
この音は高音の耳鳴りに分類され、片方の耳のみに起こる場合と両方の耳に起こる場合があります。

また高音の耳鳴りには、音量が変わりやすいという特徴や、耳鳴りが発生している側の耳の穴を塞ぐとますます大きく聞こえる、などといった特徴があります。

高音の耳鳴りから考えられる病気

もし高音の耳鳴りが両耳に起こっていたとしたら、老人性難聴の可能性が高いです。
キーンという高音の耳鳴りがするのは、老人性難聴の初期症状なのです。

または工事現場などの大きな騒音がする場所に長期間いたために発症する騒音性難聴や、一時的な騒音に晒されたために発症する音響性難聴でも、高音の耳鳴りが起こります。

高音の耳鳴りは気付きにくい?

人間の耳は、加齢と共に高音から聞こえなくなっていく仕組みです。
高音の周波数は日常生活の中で感じる事が少ないので、高音を感受する働きは不要と判断されるからだと言われています。

高音を聞き取る能力が衰えると、老人性難聴つまり高音の耳鳴りが起こります。
しかし、普段から耳にしない高音が聞こえなくなり起こるのが高音の耳鳴りなのですから、罹ってもなかなか気が付かないというわけです。

低音の耳鳴りの特徴

耳鳴りの音が“ブーン”や“ゴー”などという低い音だったら低音の耳鳴りに分類されます。

なおこれらの音は、耳の穴に何かが詰まったような感覚と共に聞こえてくる場合が少なくありません。

低音の耳鳴りから考えられる病気

低音の耳鳴りから考えられる代表的な病気と言えばメニエール病ですが、耳管狭窄や低音型難聴などの可能性もあります。

メニエール病は激しい眩暈や吐き気などが起こる病気で、低音型難聴は耳が聞こえにくいというより耳が詰まったように感じられる病気です。

どちらも30代から50代の中高年女性に多い傾向があります。

低音の耳鳴りはストレスが原因?

低音の耳鳴りにはストレスが大きく関係していると言われています。
ちょうど仕事・家事・育児の両立で疲れている年代の女性に低音の耳鳴りが多いのはこのためでしょう。

ストレスに負けてメニエール病や低音型難聴に罹ってしまう前に、充分な休養をとることが大切です。

  • 【耳鳴りが起こりやすい人のタイプ】 | ミミナリDoctor
  • 【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

  • 【耳鳴りの基礎知識】耳の仕組みや耳鳴りの種類
  • 【耳鳴りの治し方について】漢方薬?西洋薬?病院?自分に合う治し方とは
  • 【耳鳴りを引き起こす病気】脳や顎関節とも関係している?
  • 【耳鳴りを伴う病気や耳鳴りがもたらす病気】難聴やメニエール病などの併発する病気について
  • 【耳鳴りのコラム】ライブやコンサートで耳鳴りが起こる理由など、耳鳴りの豆知識