自覚的耳鳴,他覚的耳鳴

自覚的耳鳴と他覚的耳鳴の違い

耳鳴りは一般的に、自分のみが音を認識できる自覚的耳鳴と、他人にも音を認識できる他覚的耳鳴に大別されます。

それぞれの音色やメカニズムは異なるため、よく観察してみると原因となっている病気の特定ができるかもしれません。

自覚的な耳鳴りと他覚的な耳鳴りにはどんな違いがあるのか、詳しく迫ってみましょう。

自分だけに聞こえる自覚的耳鳴とは

自覚的耳鳴(じかくてきじめい)とは、本人にのみ聞こえる耳鳴りのことです。
耳鳴りの大半はこの自覚的な耳鳴りによるものです。

また自覚的耳鳴りは、病気が原因で起こる病的な耳鳴りと、特に危険のない生理的な耳鳴りの2つに分けることができます。

病的な耳鳴りとは

病的な耳鳴りとは、何らかの病気が原因で起こる耳鳴りのことです。

耳鳴りの元となっている病気が何であるかを突き止めて治療をすることが、そのまま耳鳴りの治療に繋がります。
また病的な耳鳴りには、眩暈や難聴などの症状を伴うことが多いのも特徴です。

生理的な耳鳴りとは

生理的な耳鳴りとは、防音室などの静かな場所にいる時に感じる耳鳴りのことです。
特に早朝や夜中などに起こりやすく、“シーン”という音が聞こえます。

しかしこの耳鳴りは健康な人にも聞こえるものであり、体に何か異常があるわけではありません。

いつの間にか止んでいる場合がほとんどですので、特に心配する必要はありません。

他人にも聞こえる他覚的耳鳴とは

他覚的耳鳴(たかくてきじめい)とは、自分にも他人にも聞こえる耳鳴りのことです。
耳鳴りがしている人の耳に聴診器を当ててみたり、チューブなどで繋いでみたりすると、その人が感じている音と同じ音が聞こえてきます。

また他覚的な耳鳴りの音は、間欠的な音と持続的な音の2つに分類することができます。

間欠的な音とは

“コツコツ”や“ブツブツ”などと、一定の間を置いたリズムで聞こえてくる音は間欠的な音に分類されます。
これは耳の周りの筋肉や耳小骨の上にある筋肉が痙攣することにより聞こえてくる音です。

また食べ物などを飲み込んだ時に“ピチャピチャ”という音が聞こえてくることがありますが、これも間欠的な音に分類されます。

こちらの場合は、食べ物などを飲み込んだ時に、耳管と呼ばれる空気の通り道の開口部分が盛り上がり、周りの粘膜に触れるという動作が起こしている音なのです。

持続的な音とは

持続的な音とは、“ザーッ”や“シュー”など途切れがなく持続的に聞こえてくる音のことです。

なおこれは耳の周辺の血管(静脈や動脈)に流れる血液の音であり、血管異常による高血圧などが原因として考えられます。

  • 【耳鳴りが起こりやすい人のタイプ】 | ミミナリDoctor
  • 【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

  • 【耳鳴りの基礎知識】耳の仕組みや耳鳴りの種類
  • 【耳鳴りの治し方について】漢方薬?西洋薬?病院?自分に合う治し方とは
  • 【耳鳴りを引き起こす病気】脳や顎関節とも関係している?
  • 【耳鳴りを伴う病気や耳鳴りがもたらす病気】難聴やメニエール病などの併発する病気について
  • 【耳鳴りのコラム】ライブやコンサートで耳鳴りが起こる理由など、耳鳴りの豆知識