耳,構造,仕組み

耳の役割やメカニズムを知ろう

耳は機械のようにとても複雑かつ精巧にできています。
耳の器官のほんの一部に異常が起こっただけで、耳全体の機能が狂ってしまい聴力などに影響が出てしまいます。

耳鳴りを解明するには、耳の役割やメカニズムを知ることが重要な手掛かりになりそうです。

耳は何のためにある?

耳は外界の危険を察知したり、言語を学習して他者とコミュニケーションを取ったりするためにあります。

耳は聴覚や平衡感覚を司っている重要な感覚器官であるため、障害を受けると音が聞こえ難くなったり真っ直ぐ立っていられなくなったりしてしまいます。

耳の奥まで「耳」なんです

耳は目に見えている部分、つまり頭の左右についている扇状のものだけが耳なのではありません。
耳の奥に収容されている音の受容器官全体も「耳」なのです。

耳は外耳と中耳と内耳の3つから構成されており、それぞれが大事な役割を持っています。

外耳とは

外耳(がいじ)とは、耳介(じかい)と外耳道(がいじどう)のことを指します。

判りやすく言うと私達がいつも耳と呼んでいる部分が耳介であり、耳から鼓膜まで続いている耳の穴が外耳道です。
ちなみに耳介には耳垂(じすい)つまり耳たぶも含まれます。

中耳とは

中耳(ちゅうじ)とは、中耳腔(ちゅうじくう)と耳小骨(じしょうこつ)と耳管(じかん)という3つの器官の総称であり、鼓膜よりも奥にあります。

なお中耳腔には鼓室(こしつ)という別の呼び方もあります。

内耳とは

内耳とは、蝸牛(かぎゅう)・前庭(ぜんてい)・三半規管(さんはんきかん)という器官の総称です。

これらは中耳よりも更に奥にあり、聴覚や平衡感覚を司っています。

音が聞こえる仕組み

  • 1.耳垂つまり耳たぶが、音の正体である空気の振動を集めます。
  • 2.音の振動は、外耳道を通ってその奥にある鼓膜を震わせます。
  • 3.鼓膜の震えは、その奥にある3つの耳小骨(鐙骨・砧骨・槌骨)へと伝わります。
  • 4.耳小骨に届いた振動は、耳小骨の奥にある蝸牛へ伝達されます。
  • 5.蝸牛に届いた振動は、蝸牛の中のリンパ液を震わせて有毛細胞を刺激します。
  • 6.振動は有毛細胞によって電気信号に変換され、蝸牛の中にあるらせん神経節細胞に伝わります。
  • 7.らせん神経節細胞に届いた電気信号は、内耳神経を通って大脳へ伝達されます。
  • 8.最後に大脳聴覚皮質がその電気信号を解析し、やっと音として認識されます。

平衡感覚を保てるのは…

人が平衡感覚を保つことができるのは、三半規管や卵形嚢(らんけいのう)と球形嚢(きゅうけいのう)からなる前庭感覚器のおかげです。

三半規管や前庭感覚器の中はリンパ液で満たされており、体が傾くとこのリンパ液が揺れて三半規管の根元にある有毛細胞が刺激され、傾いている方向を感知するという仕組みになっているのです。

  • 【耳鳴りが起こりやすい人のタイプ】 | ミミナリDoctor
  • 【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

  • 【耳鳴りの基礎知識】耳の仕組みや耳鳴りの種類
  • 【耳鳴りの治し方について】漢方薬?西洋薬?病院?自分に合う治し方とは
  • 【耳鳴りを引き起こす病気】脳や顎関節とも関係している?
  • 【耳鳴りを伴う病気や耳鳴りがもたらす病気】難聴やメニエール病などの併発する病気について
  • 【耳鳴りのコラム】ライブやコンサートで耳鳴りが起こる理由など、耳鳴りの豆知識